規制する法律の存在しないギャンブル

オンラインカジノは違法?合法?

オンラインカジノは違法?合法?

オンラインカジノで遊ぶ上で、まず気になるのが法律問題です。
日本では法律で賭博が禁止されているのですが、オンラインカジノについては、具体的に禁止かどうかは知られていません。
カジノだからこそ、ギャンブルなので違法というイメージが強いですが、実は結論から言うとオンラインカジノは違法でも合法でもありません。
その理由にはいくつかの理由があるのです。

とはいえ、カジノだからということで違法かどうか気にする方も多いのですが、オンラインカジノを自宅でプレイをする上で、それほど神経質に気にする必要はありません。

そこで、オンラインカジノがなぜ違法でもなく合法でもないのか、その理由について具体的に見ていきましょう。

オンラインカジノの法律がそもそも存在していない

実は今の日本国内にはオンラインカジノを裁くための法律そのものが存在していません。
法律にオンラインカジノについて記載された文面は一つもなく、日本国内でオンラインカジノについては曖昧な位置づけとなっています。

日本ではインターネットに関する法整備はまだまだ整っていないのが現状です。
法律が制定されたのは、インターネットが普及するずっと以前の話ですので、それより後に登場したオンラインカジノについて明記されていないのは至極当然なのです。

未だに日本国内では、インターネット上の誹謗中傷ですら法整備が整っておらず、具体的に取り締まることが出来ない状態となっています。
オンラインカジノについては、認知度もそれほど高くはありませんので、法律でも対応することが出来ていないのが現状なのです。

オンラインカジノは賭博罪に当たらないのかという問題

日本の法律でオンラインカジノについて明記されていなくても、賭博罪に該当するのではないかという疑問を持つ方もいます。
実は、日本の賭博罪と言っても法律においては二つに分けられています。

まず、一つ目に賭博罪があります。
これは、お金を賭けるギャンブル行為を禁止するというものです。
また、賭博場開張図利罪といって、お金を賭ける場所などを提供することを禁止する旨の法律もあります。
この二つが揃って初めて、賭博罪が成立するというものになります。

オンラインカジノは賭博罪に当たらないのかという問題

例えば、カジノが日本国内で運営されておりプレイヤーも日本にいた場合、賭博罪が成立することになり逮捕される可能性が高いです。

しかしオンラインカジノの場合、サーバーが海外にあり、経営者や運営会社も海外に存在しています。
なので、日本国内の賭博罪の法律が該当しません。

あくまでも日本国内で運営されている場合には賭博罪に当たるのですが、海外で運営されている以上、その資金の流れや違法性などを立証することは極めて難しく、現段階で違法と断じることは出来ないのです。

海外旅行でカジノをするのと同じである

オンラインカジノは、海外にサーバーが置かれていて、海外で運営業者が運営をしています。
このため、日本人がマカオでカジノをしたり、ラスベガスに旅行に行った際にカジノと遊ぶのと同じであると考えられます。
あくまでも賭博罪は、日本国内のみに通用する法律ですので、海外ではこの法律で運営業者を裁くことは出来ません。

さらに、オンラインカジノそのものは、海外において正式にライセンスを取得された上で運営されていますので、違法でもなんでもありません。
海外で運営されていても、日本国内でプレイをすれば違法であるという意見もある一方で、国外にサーバーがあるので、違法とすることは出来ないとうい意見もありオンラインカジノについての法律的な問題はずっと平行線を辿っていて、専門家の間でも意見が分かれている状態です。

しかし、日本で現在オンラインカジノを自宅でプレイをしたとしてもなんら危険性はなく、摘発される危険性は極めて少ないと考えておいて良いでしょう。

摘発されたプレイヤーも不起訴となっている

摘発されたプレイヤーも不起訴となっている

オンラインカジノが違法か合法かという点で、オンラインカジノはグレーゾーンという位置づけになっています。

実際2016年の3月に、オンラインカジノのプレイヤーが摘発されるという事件がありました。
この事件では、オンラインカジノを国内の自宅のパソコンからプレイをしていたプレイヤーが摘発されてしまったという内容なのですが、プレイヤーが不当だということで略式起訴を受け入れず、徹底して闘う姿勢を見せたのです。
すると、日本の法律では海外で合法的に運営されているオンラインカジノを裁くことは難しく、違法性を立証することが困難だと判断されたためか、最終的に不起訴処分という形で終わりました。
このことが、海外で運営されているオンラインカジノを日本国内でプレイしたとしても、日本の法律で裁くことは出来ないという実例になっています。

上記の例も含め、オンラインカジノをプレイしていて、実際に摘発され処罰されてしまったプレイヤーは国内にいまだ存在しません。
オンラインカジノは、グレーゾーンとはいえ、このように摘発され、処罰されるリスクは限りなく低いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です